上方落語寄席囃子集

石段

前座でもトップに出る者の入り込みにこの出囃子が奏でられる。
「早く石段を上がって出世するように」との意を込めて尻を引っぱたくように
急速調で急き立てる。 歌舞伎の「曽我の石段」から出ている。

ひるまま 

ちょっと、ひょうげたような旋律が変わっていて異色というべきであろう。
故・桂枝雀の出囃子となっているが、長噺もこなすようになってきた枝雀には軽過ぎる感もある。

赤猫 

真打ち、前座には使わない。その中間の出囃子となっていた。
〆太鼓、大太鼓が活躍する、割合に貫禄のある、ゆったりとした曲である。

粋か不粋か 

何かと思えば大阪では、ごく普通に歌われている『十日戎』であった。
もともとは地唄の端唄から出た俗謡のようなもの、常磐津『釣女』の言葉の部分の伴奏に弾かれるメロディーである。
替歌も多い。

あんば 

別の出囃子の「おそずけ」を作り直したものといわれている。
この場合は大小の太鼓で伴奏したが、本来は大小二挺鼓で伴奏した。
笹笛を加える場合もある。

白拍子 

 

だんじり 

二つ目クラス用の出囃子。前座、真打ち以外の人に適当に使うということであろう。
詳しく言えば前座の「石段」を漸く通過した者はこれを聞いてホットすると言うことである。
現在、笑福亭系統の落語家によく使われている。
初代春団治も特にこれを好んでザワザワと賑やかに出て来たものである。

万歳 

地唄の中でも特にポピュラーなもので、通称『和蘭陀万歳』といわれるように、
徳川時代に長崎からはいったオルゴールによる洋楽の影響が見られる。
囃子に使っているのは曲のうち「京の町」の部分である。

さらしくずし 

地唄の「晒」の曲を変奏したもの、くずし、とは変奏曲の意味である。
上方の芝居噺では『曽我の十番斬り』等に用いる。

藤娘 

歌舞伎所作事の長唄『藤娘』の一部を借用したもの。
工夫になんの変哲もないが、さすがは名曲、寄席ファンには耳馴れている。

猩々 

三下りの芝居を寄席の下座囃子に直したもの、
原曲は謡曲『猩々』から出たものであるが、歌詞はない。
それで旋律は高雅の風を伝える。 和女、英華両妙手の合奏が美しい。

大拍子 

 

高砂丹前 

長唄の所作事『高砂丹前』の曲の一部、ヨセの合方を用いている。
篠笛が効果をあげている。

藪入り 

東京でもよく使う割合にポピュラーな曲である。
記憶によれば二代目林家染丸とか、三代目桂米団治のはか、東京の三増紋也の直系の祖である
三升紋右衛門がこれを専用にしていた。
始め方はポピュラーであり、出囃子としてはここばかりが耳に馴れている。

せり 

芝居の「せり上り」の時の伴奏で出囃子にも用いる。
芝居噺『柿の木金助』の「どっこいしょう」をきっかけに始める。
上方では代々、桂文我がその出囃子にしている。

野崎 

桂春團治師匠の出囃子

じんじろ 

大鼓(おおかわ)の紐を締めきったのをカンカラと呼ぶ。
これらの打楽器だけの合奏のあるちょっと風変わりな曲である。
疣太鼓(いぼたいこ)という小太鼓も使ったらしい。
養老滝五郎のはじめ本格の和妻ではイボ打ちとかエボ打ちという後見が附いていた。

三下り鞨鼓 

桂 米朝師匠の出囃子

中の舞 

歌舞伎では上使の御入りなど荘重な気分を表す時、落語でも人物の出入りなどの下座囃子に使う。
能楽から来ている。
出囃子としては真打ちでも大物の時に似つかわしい。

廓丹前 

桂 文枝師匠の出囃子

拳の三味線
(その一) 

拳にもジャン拳、安来拳、昭和拳と色々あるが、この曲は籐八拳用に作られたものである。
メトロノーム代わりの役が本来があるが、その上に美しい旋律で嫌が上にも場の空気が高揚させたのであった。
軽快な旋律のため寄席の下座にはよく利用されている。

 
三味線と桶胴だけで囃す。角座で中田ダイマル・ラケット師匠はこの出囃子に決まっていた。

舟 行 

笑福亭松鶴師匠の出囃子

拳の三味線
(その二) 

出だしは、ちょっと「おいとこそうだよ」の俗謡に似ている。
この辺から誰か三味線の達者が作ったものであろう。

正札付 

林家染丸師匠の出囃子

拳の三味線
(その三) 

口三味線の「トンレントンレントトレトトン……」が題名の代わりのようになっているポピュラーな曲である。

勧進帳
(舞の合方) 

露の五郎師匠の出囃子

One Response to: 上方落語寄席囃子集

ゆうゆう
Commented:  2021年5月9日 at 14:34()

英華先生、初めてコメントさせていただきます。
私は 寄席囃子が好きな関東者です。こちらの上方寄席囃子は お囃子が賑やかで楽しくて、勉強になります。
さて、一つご質問させていただきたいことがございます。
故 桂枝雀師匠の『幽霊の辻』をYouTubeで聴いておりましたら、後半23分あたりに、三味線の音楽(ハメものというのでしょうか。)が流れてます。
怖い雰囲気のする旋律ですが、出だしが長唄『四季の山姥』に似てるかなー?
何という曲なのかなぁ?と気になっております。
調べようも無く、こちらのwebに参りました。
上方寄席囃子を熟知していらっしゃる先生に教えて頂けましたら幸いです。
お忙しいところ、大変恐縮に存じますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。