寄席の三味線方11年度胸で咲いた「花」

平成6年2月23日 朝日新聞

寄席の三味線方11年、度胸で咲いた「花」

上方落語には出囃子だけだなく、噺の中にも、ふんだんに三味線や太鼓の効果音がはめこまれる。だが、演者と違って表には出てこない。
そんな寄席の三味線方で十一年余。このほど、若手芸能家らに贈られる大阪市の今年度咲くやこの花賞」に輝いた。
裏方の働きが認められたのだから、よけいにうれしかった。三味線弾きの目標になれました」中学生のころから寄席に通う。

高三で女性講談師、二十に歳で女性放談を志し、三味線の師匠のもとへ。週二回のけいこを六ヶ月ほどやり、落語会で押し掛け練習。
「ほんのお手伝いのつもり」が出発点だ。
「落語の中で、はめものでやる地唄などもレコードで勉強。落語をたくさん聞いているのが役に立っています」
今や春団治や文枝、染丸らの高座に欠かせない。
「度胸がよいので、少々間違うても臨機応変に合わせてくれる。後は唄に艶がでれば。年齢に応じていい声になりますよ」と染丸。まだ、三十三歳だ。
無形文化財の技を持つ故林家トミを目指せと「内海英華を無形文化財になるまで見守る会」も生まれた。
「結婚もしたいけど…。第一目標の賞はとれた」と、夢に向かって、まんざらではなさそうだ。

This entry was posted in 記事. Bookmark: permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ご意見、ご感想は掲示板へ!
お仕事のご相談はこちらまで。

投稿カレンダー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

平成の女道楽内海英華でございます


ZIP-0032/2009.8.20 … 邦楽・女道楽

数少ない上方寄席囃子。
長らく途絶えていた女道楽~都々逸、端唄、小唄、漫談、踊りなどの様々な芸を舞台の上で披露する三味線芸のひとつ~の復活を試み「英華流女道楽」を確立。
現在、大阪で唯一の女道楽として舞台や落語会で大活躍中。

Latest Tweets

  • hina110110geg@onnadouraku ご苦労さん - posted on 24/01/2021 09:44:46
  • nogaswara0512@onnadouraku す、素敵です〜!大人の女性の色気がここに…。 失礼しました - posted on 24/01/2021 00:27:14
  • shizu_shami@onnadouraku 微妙な色味の違い、ありますもんね… お洒落のこだわり、素敵です✨ - posted on 23/01/2021 23:10:26
  • eTo5XOUXf55VkmN@onnadouraku 手提げ袋の差し色 ↑肩からかけられる。 ミニサイズのクッション 他の端切れを合わせて ワイドTシャツ 等かなーです。 - posted on 23/01/2021 23:03:46
  • onnadouraku@GUILEMATSUNO ありがとうございます〰️‼️ - posted on 23/01/2021 22:54:08
  • onnadouraku@shizu_shami なかなかお気に入りの赤が無いんですよね❗f(^_^; - posted on 23/01/2021 22:53:58
  • onnadouraku@eTo5XOUXf55VkmN なに作ります? - posted on 23/01/2021 22:53:30
  • GUILEMATSUNO@onnadouraku 色っぽいですね。 - posted on 23/01/2021 21:11:02
  • shizu_shami@onnadouraku 私も赤い襦袢、大好きです! 買い足したいです(*^^*) - posted on 23/01/2021 21:01:58
  • onnadouraku@shizu_shami 私! アホです。(ToT) 1、2、3、4・・・5まい。 アホでっしゃろ!f(^_^; アホ - posted on 23/01/2021 20:49:21

Right Column Widgets

Welcome to the Right Column for the Evening Shade theme. You can put a variety of widgets in this location and to manage where they are published in your site, you can download the Widget logic plugin.